top of page
  • 執筆者の写真Mum

「yoga」



こんにちは。ヨガのレッスンを担当しているマキコです。


今日は『yoga』という言葉の意味についてお話ししたいと思います。


yogaの語源は『ユジ』というサンスクリット語で、

つなぐ・一つにする という意味があります。


繋ぐ…ってなんでしょう。

何を繋ぐ?何と繋がる?


色々な捉え方があると思いますが、一つは『自分を繋ぐ、上下前後左右に。』ということではないでしょうか。


わかりにくいかもしれませんが、実はアーサナ(ヨガのポーズ)はそのようにできています。

アーサナをとると勝手にそうなっているのです。


例えば気持ちよく伸びをしている様子をイメージしてください。

腕や上半身が上に向かって伸びていくとき、下半身や脚はどうなっているでしょう。

一緒に上に向かおうとしていますか?

一緒に上についてきたら…ちょっと伸びれないですよね…気持ちよくなさそう、、


腕や上半身が上に伸びようとしたとき、脚や下半身は下を押していませんか?しかも無意識に。

伸ばすには反対の力が必要です。

上なら下、右なら左、前なら後。

自分から矢印を引っ張って、ちゃんと反対側を感じたときに、体は伸びることができます。


されを意識的に行うのがアーサナです。

上下前後左右、360度の方向でちゃんと反対を感じたときに、私達の体はまるで線で繋がったように感じられるはずです。

その心地よさこそ、アーサナをとる、ヨガをする醍醐味の1つだと私は感じます。


自分を感じて、自分と繋がりながらヨガをする…


ぜひ次回のレッスンから意識してみてください

心地よさのレベルが一段階アップデートするはずですよ!


レッスンでお待ちしています。

Comments


bottom of page